夏の温活で夏バテ予防!夏でも身体の冷えに気をつけて

 

身体の冷えからくる「冷え性」というと、寒い冬のイメージがあるかもしれません。しかし、暑くて暑くてたまらない夏にも、冷え性につながる原因はたくさんあるんです。

しかも、過度に身体を冷やしてしまうと「夏バテ」にもつながります。

暑い夏、エアコンの冷気や、冷たい飲み物、カキ氷…などで身体の中から冷え切っていませんか?

寒~い冬は身体が熱を作り身体を温めようとしますが、夏は身体を暖めようとはしません。

夏に特有の熱中症も怖いですが、身体の冷やしすぎも良くありません。

夏の冷えは、体調不良や、夏ばての原因にもつながります。暑い夏にも上手に温活をして身体を冷えから守りましょう!

■夏の冷えの原因

・エアコンで身体が冷える

夏はとにかく外が暑いので、服装も薄着になりがちですよね?しかし、電車や飲食店、オフィスではエアコンなどの冷房がガンガンに効いていて寒いと感じることもしばしば。

特に、外の気温と温度差が激しい場合、冷房病と呼ばれる症状により、自律神経が乱れ、体がだるくなったり、夏バテの症状につながることもあります。

なるべく必要以上に身体を冷やさないように、温かい飲み物やカーディガン、ストールなどを持ち歩くようにしましょう。また、首周り(足首・手首など)、「首」がつく場所を温め
ると良いですね。

・冷たいものの食べすぎ、飲み過ぎによるからだの冷え

暑いとどうしても冷たい飲み物や食べ物を口にしがちですよね。

しかし、身体を冷やす食べ物、飲み物をたくさん摂取すると、内臓が冷えてしまい、胃もたれや消化不良、下痢、便秘などの体調不良につながってしまいます。

飲み物を飲むときなどは、外にいる時は冷たい飲み物を飲むようにして、室内にいる時は、できるだけ常温のものにすると良いですよ!

・入浴ではなくシャワーで済ます

夏はどうしてもシャワーだけで済ませがちですが、しっかりとお風呂に入って身体を内側から温めるようにしましょう。

手軽に身体の冷えを改善するには、アルポカヒートスムージーがオススメです!

 

■まとめ

暑~い夏とはいえ、身体を冷やしてしまう原因はたくさんあります。

夏ならではの熱中症も気をつけたいところですが、身体を冷やしすぎることにも要注意です。

上手に温活するには自分の生活を見直すことも大事です。身体を冷やすべきときには、ちゃんと冷やして、自分に合った方法、タイミングで夏温活を実践してみてください!

夏にはイベントが盛りだくさんですよね。体調を崩さないよう、温活を意識(身体を冷やしすぎない)して楽しい夏にしてください。

Pocket
LINEで送る